相手を愛撫.

女性もアフターセックスしよう

男性は第一印象で、女性を「友達」「セックスしたい」「彼女にしたい」の3つに分けます。
ただ、「セックスしたい」と「彼女にしたい」の境界線はとても曖昧です。

 

明らかに育ちが悪そうな女性がナイスバディだったら、「彼女にはしたくないけどセックスしたい」カテゴリーです。
でも、そんな分かりやすい女性はあまり居ません。

 

判断出来るのは、「可愛い。ヤリたい。でも付き合いたいかどうかは分からない」という所までです。
結局「ヤレるかヤレないか」の2択になり、それ以上の判断が難しいのです。

 

最初に固定してしまうと、なかなか変わる事はありません。
女性は別れた男性に「友達に戻ろう」と言いますが、男性はとてもそんな気分にはなれません。
1度彼女として認識した相手を、急に友達と認識を変える事は出来ないのです。

 

セックスに誘われている時点で「したい」と思われていて、「彼女にする」という選択肢も十分あります。
それなのに何故、「セックスしたのに付き合ってくれなかった。捨てられた」と泣く女性が多いのでしょう?
「彼女になる」という選択が消えてフェードアウトされるか、「彼女にしたい」となるか決まるのがアフターセックスです。